平成24年1月生まれ、色々なアレルギーを克服したふーちゃんと。平成27年12月生まれ、ふーねえちゃんたちに溺愛されるしろくん。更新がとまっていましたが、しろくんの記録を残さねば将来叱られる…! ということで再開してみました(*゜д゜*) 【過去の遺産=FF日記が巻末にオマケでくっついてます★】
デンジャラス親子
2017年04月01日 (土) | 編集 |
ある朝。
ホームベーカリーで焼いたパンを、パン切り包丁で切ってたんだけど、体調悪くて包丁持ったまんま座り込んだのです。
頭痛いわ気持ち悪いわ、なんだこれー。
 
といったところに通りがかったヒゲ。
「こわっ」と一言。
体調不良者にひどいな!
 
と、思ったのですが。
 
ヒゲが目撃したのは。
凶器を握りしめて、不良座りして、自分にガンをつける私。
 
……確かに怖いか。
眉をしかめてただけで、ガンつけたわけじゃないけどさ。
 
 
 
ある日。
テレビのハンドクラフト番組を観ていたふーちゃん。
「ふーちゃんも、あのバッグとアックスつくりたーい」
 
……アックス!?
斧っ!?
 
アクセサリーと言いたかったそうです。
ホッ

スポンサーサイト
レベルアップ
2017年03月26日 (日) | 編集 |
やべぇ。
ご飯をあんまり食べないしろくんに、ちょっといいハムをあげてみたら、食いつきがいい。
あまりに食いつきいいから、ちょーだい、どうぞ、ありがとう、おいしい、を繰り返してたら。

ハム受け取ったしろくん、「あったーたっ」って言った。
これ、『ありがとう』だよな……っ!?
笑顔つきでしたよっ!


そして。
下向きだったけど、手をあわせて、「たっだっ」って言った。
これは『ちょーだい』かっ!?


最近、バイバイの手を振る成功率あがってて、更には「ばっばー」だったのが、「ばっばーぃ」になってきている。
一番得意な言葉がバイバイになるのか……?
その前に、『おとーさん』『おかーさん』の練習をしてくれ頼むー!!


ま、保育園や店員さんや道行く人や、誰でも結構すぐに笑顔になってくれる魔法の言葉と仕草だもんなぁ。
幸せそうだし、いっか。
うん。
いいさ。
うん。
いいのだ!
予想GUY
2017年03月25日 (土) | 編集 |
その日、ヒゲはふーちゃんが寝ているいつもの寝室ではなく、しろくんと私が寝る和室で就寝。
眠った二人、洗面所で歯を磨いていた私。
しろくんのふぇふぇが聞こえてきました。
歯磨き中のふぇふぇ発生率の高さ、パネェです。
 
慌てて歯磨き終わらせてうがいして和室に入ってみると。
しろくんがさっき眠っていたところから、ヒゲの隣に移動していて、ふぇふぇしながら座り込んでヒゲをみつめている。
襖を開けた私を見上げて固まっている。
おかーさんだと思って寝起きにおっぱい探して襲いかかろうとしたら、でっかいとーちゃんでびっくりしたのかしら。
驚かせてごめんね!
 
 
翌朝。
ヒゲ、「これからも和室で寝ようかな」と呟いてる。
どうしてかきいてみたら。
和室で寝れば、ふーちゃんに蹴られて起こされないかららしい。
ふーちゃん、どんだけ毎日寝ながらおとーさんを虐げてるの……?

見てたの?
2017年03月24日 (金) | 編集 |
寝かしつけたんですよ。
そっと立ち上がって、無事抜け出して、トイレ行ったんですよ。
部屋に戻って、人をダメにするソファーに座ってふぅっと一息ついて、大好きなみかんバーの袋を開けて、あーんたしたところで、しろさん、ふぇぇぇ、と、起きた。

さすがだぜしろさん………!!
2017年03月23日 (木) | 編集 |
夜中。
目が覚めたしろくんが、むくりと起き上がって、ぺたんこ座り(女の子座り)になって、おめめを両手でこしこしこすりながらひんひん泣いています。
何このちっちゃいイキモノ、かわいすぎる……!!

4歳になる直前から一人寝するようになったふーちゃん。
先日私のお腹がいたくて、しろくんがのお世話をヒゲに頼み、普段の和室ではなく、寝室で休ませてもらっていたら、寝支度を終えたふーちゃんが寝室にやってきて懇願するので、ひっさびさに添い寝しました。
るんるん浮かれ、うふふと照れ笑いするにこにこふーちゃん。
おててをぎゅっと握っていたら、すこんと眠りについたふーちゃん。
かわいいなこの長細いイキモノ……!!

たまに、ヒゲが隣に添い寝しているときなどは、なかなか眠らないし、寝たら寝たでげしげしげしげしげしげしとヒゲ脇腹を蹴ってくるそうです。
うーむ、期間限定、奇跡の天使だったのか……らっき?
酸欠と過呼吸
2017年03月22日 (水) | 編集 |
しろくんの食べムラが悪い方向に出た、城村さん降臨の時は。
大きく息を吸いながら大口を開けて『あーん!』とか『あむんちょー!』とか盛り上げながら満面の笑みでしろくん用のご飯を自分で食べるフリをすると、城村さんに召し上がっていただけることがあります。
ヒゲに伝授された、秘術です。
しかしこのテンションアゲアゲの代償により、精神力と体力を消費し、酸欠なんだか過呼吸なんだかになりかけます。

負けるな自分…!!
微糖じゃありません
2017年03月21日 (火) | 編集 |
プリパラとかアイカツ!のアーケードゲーム大好きふーちゃん。
毎月の年齢×100円のお小遣いでやりくりしているので、毎週末のようにプレイしております。
特におでかけの用事がなくても、ヒゲが家族サービスでふーちゃんと二人で近くのイトヨーまでプレイしに連れていってくれるのです。
偉いぜヒゲ!

でもそのついでに、おでかけ特典でみたらし団子やら何やらのデザートもらってるふーちゃん。
おでかけ特典でジュース買ってもらったりするふーちゃん。
甘いぜヒゲ。

ある日、ふーちゃんのお手伝いで忙しいとかなんとか言っているヒゲ。
何やらパズルをサポートしている模様。
以前私の実家からもらったミニサイズのアナの100ピースくらいのパズル、もう一人でできるようになってるなになー、ふーちゃんが甘えてるのかなー。
と、思ったら。

なんか見覚えのない、キラキラしているでずにー系のプリンセスたちが集合しているパズルだった。

……ヒゲ?
机に向かっていて、私からは背中しか見えないヒゲが、私からそっと目をそらした。

ヒゲさん?
そそそっと目をそらした。

…………甘いぜヒゲーーーー!!
うるつる へのじ
2017年03月21日 (火) | 編集 |
しろくん、自分の顎くらいあるベビーサークル、がばちょとY字バランスのごとく片足を振り上げ、ベビーサークルのかどっこに両手をかけて登頂し。
頂上でひんひん泣き出す。

私のビビりが遺伝したのか、ヒゲの高所恐怖症が遺伝したのか。

微笑ましくも危ないなぁ、とか思ってたら。

ずんどこずんどこ習熟し、僅かな隙にあっちゅー間に登頂成功し、見事な軟着陸を果たすように。
いーやー!
仕事場以外では片付けられない症候群の私、ベビーサークル外には危険がいっぱい!!

色んな対策を検討しましたが。
物理的な対策だとどんどんクリアされ、むしろ身体能力と共に高さや危険度が増すだけだと思われ。
登ろうとしたら、怖い顔して言い聞かせることにしました。

一歳三ヶ月、わかってくれるか謎ですが。
ふーねえちゃんの髪をひっぱったり、父母の顔を叩いた時とかに怖い顔して言い聞かせていると、眉をハの字に下げて下唇を噛みしめて顎に梅干を作って泣きそうな顔をするしろくん。
少なくとも叱られているのはわかるようだし。
理解してくれることを期待して、言い聞かせましょう。

むしろ問題は。
かなしいお顔のしろくんを見ると、罪悪感に涙がちょちょぎれそうになるこちらのメンタルです。
負けるな自分ー!!
バッテリー
2017年03月20日 (月) | 編集 |
さあ今日のメニューはポトフです。

よく煮込んだ人参をフォークに差して渡…そうとするが、それをじーっと見つめたしろくん受け取らず、手で軽く払ってくる。

ホクホクのメークインをフォークに差して渡…そうとするが、それをじーっと見つめたしろくん受け取らず、手で軽く払ってくる。

とろとろに煮込んだキャベツをフォークに差して渡…そうとするが、それをじーっと見つめたしろくん受け取らず、手で軽く払ってくる。

旨みが逃げないように最後に軽く火を通したウィンターをフォークに差して渡…そうとしたら、それをじーっと見つめたしろくん、受け取って自分で食べた。


上記の人参、メークイン、キャベツは受け取らず、コロコロベーコンとポトフのスープの時だけ受けとる。

今日のこのピッチャー、好き嫌いはっきりしすぎだぜ…!!
頭を抱えるキャッチャー母さんでした…。


日によってはお肉はもちろん野菜もパクパクなのですが、食べない時は何もかも全く食べず。
とにかく食べたり食べなかったりの差が激しい、食べムラしろくん。
この城村さんめ…!!(全国の城村さんごめんなさい)


ちなみにこの城村さん、私が超絶まずいお薬ゼリーでとある親子にからかわれてると、一緒になって笑ってくださいます。
城村さんめ…!!!
血液型の法則ってなんていうんだっけ
2017年03月19日 (日) | 編集 |
ふーちゃんのよく観るアニメのオープニングとエンディング、アイドル系アニメ二種類の毎回の劇中歌、時々気に入ったこども向け番組の歌を、切り貼りして繋げて、ふーちゃんメドレーとしてプレイリスト登録しています。
しろくんにちょっと待っていて欲しいときは、これを流します。
ご飯準備しなきゃなのに離れない時とかに便利!

最近。
これを流すと、しろくんが右に左にゆらゆら身体を動かすように。
躍ってる、躍ってるのかしろくん!
ふーねえちゃんに続いて君までアイドル志望か!?

音痴なヒゲとリズム感のない私って組み合わせ夫婦のサラブレッドの君たち、荊の道を選ぶのね…ごめんよ負の財産…よよよ。

ちなみにヒゲのリズム感と私の音感を引き継げば、常人になれます。

今のところふーちゃんの音感には危機感を感じることが多いです。
音感も成長と共に成長してくれないかしら…。

はてさてどうなることやら?
親子タッグ
2017年03月18日 (土) | 編集 |
メニエール病のお薬ゼリー、超絶まずいんです。
飲まなきゃいけないことを思い出しただけで、『あぅっ』『ぐがっ』とか、何故か口が勝手に呻き声を口走ってるくらい。
眉が勝手にしかめられて、目付きが勝手に狂暴になるくらい。
なので、そんな時に遭遇することの多いふーちゃんには、『怒ってないよ!』と、怒ってるようにしか見えない顰めっ面で宣言します。
ふーちゃん、面白がって大喜び。

ため息をつきつつ諦めが肝心と、水ガブガブ飲みながら、無理矢理ゼリーを流し込みます。
口が勝手に『うー、まずいっ!!』と叫びます。
ふーちゃんとヒゲが面白がって、『もういっちょ!?』とはやしかけてきます。
青汁じゃないっつーの!!
キシャーッ!とかみつく私。
ますます面白がる二人。

ある日、私がゼリーを流し込んでいるとき、ちょうどしろくんにご飯あげてて手を離せなかったヒゲ。
『ふーちゃん、任せた!』とふーちゃんに声をかけている。
『うん!』と目を輝かせるふーちゃん。
何かと思ったら。
ゼリー流し込み終わって苦虫を噛み潰したかのような表情の私に、『もういっちょー!!』と満面の笑みで声をかけてきた。
おぃいいいいっ!
何を任せてるヒゲ!
何を任されてるふーちゃん!
なんだこの親子!
何にタッグ組んでるんだこの親子!
全くもうこの親子はっ!!!

ちなみにこれ、ふーちゃんからヒゲにこそこそ内緒話で持ちかけたタッグらしい。
をい。

終いには。
ヒゲが、私の目の前で、『ふーちゃんふーちゃん、楽しいけど、お母さんからかうのは二回までにしないと本気で怒るからね、気をつけようね』と取り扱い説明をしてる。
をい。


なんなのこの親子ーっ!?(#`皿´)ノシ
もーせ?
2017年03月17日 (金) | 編集 |
おはようございます。
4月から育休終了して職場復帰予定の、ブルーマーチ・クロ猫です。
育休中にやらなきゃならないことは何かなー、とか建設的なこと考えようとはしているブルーマーチ・クロ猫です。
こえぇっす、職場復帰こえぇっす。
 
だってうちの職場、20代前半か中盤になった年頃だろう、そろそろ3年目か4年目に入る位だったかなっていう年期だけど10年目超の先輩にかみつく恐ろしいイキモノがいるんだ…。
育休前は私がかみつかれてたんだ…。
色々あったんだよ、色々…。
こえぇっす、職場復帰こえぇっす。
 
まあ以前はかみつき先が直属の先輩の私メインだったのが、私の育休中に結構な多方面にガジガジしたらしく、そういうイキモノだと周知されてるっぽいのが救いだが。
赤ちゃんや家族や保育園の面々に囲まれたぬくぬくとした生活が終わりを告げようとしてるとブルーにもなりますわな、しょうがないわな。
 
それに職場復帰に向けての授乳間隔調整と、私の体力作りもかねて毎日午前中外出するようにしてたら、疲れのせいか、最近おさまってた難聴が再発。
そういや育休復帰前に、一年前にうっかり寝起きに寝ぼけてパン切り包丁で左手人差し指付け根を派手に切って神経切断して縫合したところの経過観察の最終受診しなきゃだし、耳鼻科と形成外科行ってこようかな。
結局左手人差し指のしびれは治らなかったな。
耳鼻科も時々症状が出たりおさまったりのまま、症状ひどくなったら受診しなさいってことで、どっちも受診終了かな。
 
と、思ってたのに。
 
耳鼻科じゃ聴力検査結果がちょい悪で以前は低音型難聴だったのが、今回は高音が悪くて、メニエール病用の超絶まずいお薬ゼリー復活するし。
形成外科では、再手術の選択肢提示されて、悩んだ結果再手術することになり。
 
なんか、のんびりブルーになってる余裕がなくなった気がする。
ひとつひとつこなすべー。
 
左手人差し指は動作に支障ないし、しびれ自体がイライラになることはないけど、触覚がかなり鈍ってるから、右手でさわりなおしたりして、なんとかなってるし、そこまでは困ってないんだけど。
一生、って考えたら、必ず治る訳じゃなくても再手術しておきたいなと、ね。
 
なんとか復帰日までには仕事に支障ないくらいまでは回復するはず!
…しますように!!
 
 
ってとこまでが、ついつい吐露しちゃった私のぐちぐちで。
今回の記事を書こうとしたメインはですね。
 
よっちよっちと歩くしろくん、その日は待ち時間に病院内を練り歩き。
さすがご年配の方が多い総合病院、廊下の両側のソファーにはおじいちゃんおばあちゃんがたんまり。
しろくんがよっちよっちと歩いていくと、おじいちゃんおばあちゃんが笑み崩れていく。
『あらあら』『かわいいわねぇ』という声が背後から聞こえる。
しろくんに触れようとして手を伸ばし、届かず終わる手まであった。
アイドルの花道か。
もーせの海割りか。
さすがの幼児様です。
 
 
そんな幼児様は。
 
私の聴力検査のための防音小部屋に入った途端ぎゃん泣きし、小部屋の窓から私が見えるように検査技師さんに抱っこされている間中もずーっとぎゃん泣き。
検査終了後に私の抱っこに戻ると泣き止み、ひっくひっくとしゃくりあげながらも技師さんたちにバイバイ👋した。
えらい。
 
手術に備えた感染症検査のための採血では、採血用の注射💉に手を伸ばし✌しまうものだから、さっき抱っこしてもらった技師さんに手を軽く押さえつけられただけでぎゃん泣き。
採血終了後にまたひっくひっくとしゃくりあげながらもバイバイ👋。
えらい。
 
 
えらいけど。
うん、保育園入園後、元気な泣き声が聞けそうですね✴✨
 
…保育園の先生、今からごめんなさいね